ある頭痛持ちの主婦が、20年間の頭痛を克服していくドラマを再現してみました。

あきら整体院に来られる方は、こんな風な経路をたどって来院されます。

もうだまされないでほしいです。

ここが最後の砦だと信じて・・・

20年前、頭痛の発症。

薬を飲む生活が始まりました。

 

専業主婦の頭痛持ちAさんは、20年間頭痛を抱えていました。

2人の子供を育てながら、頭痛と向き合う日々。

まわりは頭痛の苦しみをわかってくれず、余計に薬の量が増えていきました。

ロキソニンやイブ、バファリンなどの市販薬でなんとかしのいでいました。

一度病院で診てもらおうと決心するのです。

 


頭痛外来、脳神経外科の「頭痛専門」病院での検査は異常なし

頭痛外来という「頭痛」に特化した病院や脳神経外科など、専門の病院を受けてみましたが、すべての検査の結果は「異常なし」

つまり、脳の病気ではないことがわかりました。少し安心したものの、「頭痛」はなくなりません。

 

お医者さんは、「片頭痛だから、薬を出しますね。」ということで、また薬を飲む生活のままで、何も変わっていきませんでした。


ストレスからきてるから、心療内科?何かおかしくない?

偏頭痛薬を飲む生活が始まったものの、「頭痛」は全然消えません。

病院の先生は、ストレスからウツの傾向を言われ、心療内科へ案内されました。

「何か違うような気がする」と思いながらも、今度は抗うつ剤を飲む生活になりました。


「一体、この頭痛の原因って何だろう?」誰か教えて!

薬を飲んでも体のだるさが増すばかりで、「頭痛」が消えませんでした。

 

 

頭痛を耐えていると、吐き気がおそってきて、吐くと少し楽になることを繰り返していました。しかし、もう気が狂いそうになっていました。

 

本当にこの頭痛治るのかしら?と思って、必死でインターネットで頭痛を根本的に治す病院を探しました。


病院、整体、鍼、治療院巡りがはじまりました。

病院は、薬の対処療法なのでもうやめました。

そこで、民間療法である、漢方やマッサージ、整体、鍼灸などを巡っていきました。

まさに頭痛難民でした。

 

しかし、どこに行っても全然治りません。

マッサージをしても、整体をしても、その時ちょっと楽になるだけで、まったく変わりません。

朝、激痛がして目が覚めます。

なんでだろう?


え!?ウソでしょ!?たった一回で20年の頭痛が・・・

その時がやってきました。

ネットで「頭痛」を治してくれる本当の先生を探していました。

直感でココじゃん!と思いましたが、半信半疑で治療を受けました。

 

まったく痛みがなくなったのです。

 

20年の頭痛の原因がわかりました。


人生の大逆転です。頭痛薬を飲んでいません!

あれだけ苦しんだ頭痛が、スーッと消えていきました。

日だまりショットを受けて自分でも「ここが原因だったんだ!」ということがはっきりわかります。

 

頭痛がなくなり、子育ても楽しくなり、家族での外出が多くなりました。

明るい元気な自分に戻れて、本当にうれしいです。

ありがとうございました。

あなたも大逆転してください。


 

 

 

※施術中は電話に出られませんので、留守番電話にお名前・電話番号を入れておいてください。